PMS対策に使える生理周期アプリはコレ!

PMS対策に使える生理周期・・の画像

生理周期アプリというと避妊や妊活の為のものというイメージがありますが、自分の生理周期が分かるので「そろそろ生理1週間前だ」とPMS期間も分かります。そうすれば前もってストレスを溜めない様に生活するなどのPMS対策が出来ますよね。しかも無料で使えるっていうのが嬉しいじゃないですか。そんな便利な生理アプリの中でもPMS対策にもってこいなものを紹介します。


1) PMS対策に使える生理周期アプリ
2) 私が使う生理アプリはこの2つ!
3) 生理周期をシェアするなら
4) こんなPMS対策をプラス

PMS対策に使える生理周期アプリ

人気の生理周期アプリはこの4つ、

  • ・ルナルナLite
  • ・ラルーン
  • ・ペアリズムW
  • ・女子カレ

では、それぞれの特徴を説明しましょう。

  • 生理周期アプリ ルナルナLite
  • 生理アプリと言えばルナルナ。私も使っていますが、生理予測日が一目で分かるカレンダーにはその日の体調や予定を入力できるので、PMSチェックカレンダーとしても活用しています。
  • イライラした日、頭痛がした日と書いておけば、次のPMS期間での対策に役立ちます。
  • 「キラキラ期」や「もやもや期」など、その時期のカラダの様子と過ごし方のアドバイスがもらえます。
  • iPhone | Android 対応
  • 生理周期アプリラルーン
  • 生理周期管理だけでなく、匿名で悩み相談ができる掲示板が嬉しいとのレビューが多いです。女性の悩みに関するコラムなど情報がたくさん見られます。生理日をメールで知らせてくれるのは便利ですね。ただ、広告が多く、自分に興味のないコラムは消すなど選択できればいいなと思いました。
  • iPhone | Android 対応
  • 生理周期アプリペアリズムW
  • パートナーとペアで使える生理アプリ、
  • 女性はペアリズムW、男性はペアリズムMをインストールして同期させると生理予定日など彼と共有できます。
  • PMS期間をパートナーに知らせるにはコレがベストですね。他の生理周期アプリを使っていたけど、彼にPMS期間を知らせるためにペアリズムに変えたという人も多いようです。
  • Android 対応
  • 生理周期アプリ女子カレ
  • 生理周期はもちろん、ずつう指数を知らせてくれます。製薬会社とタイアップしたサービスで片頭痛スクリーニングテストを受けると頭痛の起こりやすさがチェックできます。
  • iPhone | Android対応

いろいろな生理周期アプリがありますが、ひととおり使ってみて、あなたが一番使いやすいアプリを見つけてみてはどうでしょう?


頭痛持ちの私が使う生理アプリはこの2つ!

私はずっとルナルナを使っていましたが、今回みつけた「女子カレ」のずつう指数に惹かれて「女子カレ」とルナルナを併用することにしました。女子カレだけでも十分なのですが、使い慣れたルナルナを手放せなくて。PMS期間じゃなくても突然襲ってくる頭痛が予測できなんてありがたいですよね。


パートナーと生理周期をシェアするなら

「ペアリズム」のようにパートナーと生理周期をシェアできるアプリは賛否両論あるようですが、知らせたいけど自分で伝えるのは恥ずかしいという人には、「ペアリズム」はピッタリのアプリですよね。

ただ、「ペアリズム」はAndroidだけなので、iPhoneユーザーだけど彼氏にもPMS期間を知らせたい!という人は、ルナルナの有料版か、妊活アプリになりますがコウノトリを使ってみるのもいいかも。


生理アプリにプラスこんなPMS対策

自分に合ったアプリを見つけたら、初めは面倒かもしれないけど、今日はイライラしたとか、頭痛がしたなど、体調の変化を記入する様にしましょう。
2~3ヶ月分のデータがたまれば、どんな時期にどんな不調が現れるか分かる様になります。

生理日を入力するだけでも調子のいい時期、悪い時期の予測はできますが、自分なりのPMSチェックカレンダーとして活用して、そろそろPMSだからストレスを溜めない様にのんびりする時間を作ったり、PMSによい食事を心がけるなど辛いPMSに負けない様な対策をしていきたいですね。

と、言ってもなかなかそこまで手が回らないから、PMS症状が悪化しちゃうんですよね。実は私もそうなので、手軽にPMSに良い成分を摂れるサプリメントでPMS対策をしています。PMSサプリメントを飲み始めて2ヶ月くらいした頃、生理アプリに記入する症状が軽くなってることに気付きましたよ。

⇒ 辛い症状別PMSサプリメントのページへ

 
使いやすい生理アプリと、辛い症状にぴったりなPMSサプリメントが見つかるといいですね。

スポンサードリンク


PMSプレス トップへ ↑